MENU

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

リンク

Site search

Feliceとはイタリア語で〔幸せ〕という意味です。

たった一滴の水滴でも水面に落ちると波紋となって広がっていきます。

同じようにあなたの《幸せ》が、周りの人たちに《幸せ》の波紋を広げていきます。
心と身体のセルフケア知識を身につけて健康で好きな事をして《幸せ》になりましょう。

あなたのセルフケア知識を講師となって伝えることで《幸せ》の波紋を広げていきましょう。

小正月

今日15日は小正月。

小豆粥やおぜんさいを食べる風習があります。

おぜんざいに使う小豆。

昔から赤い色には邪氣を払う力があると考えられていたそうです。

薬膳では小豆も、お餅も元氣を付けてくれる食材です。

邪氣を払って元氣に毎日を過ごしましょう。

薬膳講師のひとりごと その49

鼻水の色にも注目

寒くなってくると鼻水が出やすくなります。

鼻水の色で身体を冷やすほうが良いのか?
温めるほうが良いのか?が分かります。

水のように量も多く、無色透明なら冷えている可能性があるので温めましょう。

黄色や緑色の鼻水でしたら熱がこもっている可能性が高いので冷やしましょう。

鼻をかんでティッシュをすぐに捨てるのではなく、色や状態を確認して体調管理の手掛かりにしてみませんか。

薬膳講師のひとりごと その48

人の活動時間は振り子と同じ

新しい年になり、1年の目標をたてましたか?

新しく目標をたてると、いろいろ動きたくなります。

しっかり動きたければ同じくらい、しっかり休息もとりましょう。

人の活動時間は振り子と同じ。

活動したい時間だけ休息もしましょう。

薬膳講師のひとりごと その47

おせち料理には薬膳がいっぱい

もうすぐ、お正月。

冬の薬膳といえば黒いものと鹹味(海の幸の塩辛味)です。

おせち料理には黒豆、昆布、ごまめなど黒いものや 鹹味 がいっぱいです。

おせち料理の由来や薬膳はこちらでご紹介中です。

薬膳講師のひとりごと その46

陰陽転化

陰、極まれば陽になり
陽、極まれば陰になる

冬至は陰、極まって陽に変わる日。
夏至は陽、極まって陰に変わる日。

高熱の後に寒氣がするのも陽、極まって陰になった症状です。

易では陰から陽に変わる冬至に1年を占う習慣があるそうです。

《暦講座シェア会》リクエスト受付中

暦には多くの情報が詰まっています。

甲子などの干支
一白水星などの九星
大雪や冬至などの二十四節氣
土用、節分などの雑節

他にもいろいろな情報が盛り込まれ

すべてが上手くいく日や
何事も閉止てしまう日など も

分かります。

学びの中で驚いたのが大安、仏滅などの六曜は今の月曜日、火曜日などの曜日と同じなので、あまり氣にしなくても良いそうです。

それより他に優先してみる事柄があるのだそうです。

暦は使いこなすと楽しそうです。

暦講座に興味があるけれど参加できなかったので「シェア会して欲しい!」というお声もいただいているのでシェア会を考えています。

学んできた内容のシェア会なので全ての質問にお応えできるわけではことを、ご了承ください。

年内開催は無理ですが開催は来年以降になりますがシェア会に参加希望なら、こちらからリクエストお願いします。

☆開催可能日
開催可能日についてはこちらを参考にしてください

☆シェア会参加費
1500円(税込)

☆開催場所
Felice(大阪市平野区瓜破東)

お申し込みはこちらからお願いします。

講座お申し込み時のキャンセルポリシーもご確認ください。

ご質問などありましたら、お氣軽にお問い合わせください。

薬膳講師のひとりごと その45

体質に合わない漢方や薬膳は症状を悪化させることもある

漢方薬って副作用がないのでしょう
薬膳って身体に良い食材なんでしょう

といわれることがありますが

漢方薬も薬なので体質に合わないと症状が悪化することもあり
薬膳も合わないと不調を促進する可能性があります

漢方薬も薬膳も自分の体質を知って選ぶのが大切です。

体質を知って自分に合った食材を選べるようになる学びはこちら。

薬膳講師のひとりごと その44

過労も安逸もダメ

12月になると慌ただしくなってきますが、しっかり動きたいときは休息も大切です。

活動し過ぎは氣を消耗し
休息し過ぎは氣の巡りを悪くします。

活動と休息のバランスが大切です。

薬膳講師のひとりごと その43

ストレスには香り物

コロナ第3波の影響でストレスを溜める方も多くなりそうです。

多くのストレスを感じると《氣》の滞りが起こり

喉の異物感
胸が詰まる感じがする
頭痛
など

の症状がでることもあります。

氣の滞りが悪化すると鬱になる可能性もあります。

香りの良い物

三つ葉、紫蘇、セロリ、薄荷(はっか)、ジャスミンなど

で早めに氣の流れを良くしましょう。

薬膳講師のひとりごと その42

女性の一生は《血》に支配される

10代前半で月経がスタートし50歳ごろまで続き人生の半分は月1回《血》を失くして生活していきます。

出産、授乳をすれば更に多くの《血》を失います。

つやつやハリのある肌に《血》は必須!な

年配になってからも良いお肌の状態を保つためにも《血》はしっかり補いましょう。