MENU

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

リンク

Site search

'薬膳'の記事一覧

薬膳講師のひとりごと その39

3週間、食べても変化がなければ必要ないかも? 酸味は肝に良いですよ。昆布はむくみにおススメ。 などとお伝えしています。 自分に合う食材と思って摂った食材でも3週間たっても変化がなければ、あなたに必要な食材ではない可能性が […]

2020年福袋企画⑨⑩《星の動きで見る2021年》《更年期トラブルに対するセルフケアを学ぶ》

2020年福袋企画⑨⑩のご案内です。 福袋企画⑨《星の動きで見る2021年》 2021年は「風の時代」と言われています。 木星、土星 が地の星座だった山羊座から風の星座である魚座に移るからです。( 実際、魚座に入るのは2 […]

薬膳講師のひとりごと その38

腎の冷えには腹巻き 冬になると《腎》が弱りやすくなり、冷えに弱い臓なので冷やさない工夫が大切です。 腹巻きなどで腎を冷やさない工夫をするのがおススメです。

薬膳講師のひとりごと その37

生姜黒豆茶もおススメ 冬になると腎が弱りやすくなります。 腎トラブルには黒い食材が良い作用を持ちます。 寒くなってくる冬には黒豆茶に生姜を入れた生姜黒豆茶がおススメです。

薬膳講師のひとりごと その36

弱りやすい臓はケアしやすい 春夏秋冬、季節により弱りやすい臓があります。 秋に弱りやすいのは《肺》 《肺》は繊細なので弱りやすいの咳や鼻水、皮膚疾患、便トラブルなど症状が出やすいです。 トラブルが出やすい《肺》ですが、ケ […]

薬膳講師のひとりごと その35

お花や葉の薬膳食材は煮出さない お茶として薬膳食材を摂る時は煮出すイメージがありますが(漢方の煎じ薬と同じイメージ)紅花や菊花、玫瑰花(マイマイカ・バラのつぼみ)などのお花の薬膳食材薄荷(ハッカ)などの葉の薬膳食材は煮出 […]

薬膳講師のひとりごと その34

受験生には栗やくるみ 秋になると「受験生におススメの食材はなんですか?」とよく質問を受けます。 栗やくるみは脳の働きを活性化させる作用があるので、おすすめです。 他には鯵や鰯にも同じ作用がありますよ。

薬膳講師のひとりごと その33

乾燥対策が大切! 朝夕、涼しくなったとはいえ中日は汗をかくこともあります。 今の季節は乾燥対策が大切! 梨、白きくらげ、山芋、百合根、松の実、アーモンドなどでしっかり乾燥対策をしましょう。 秋に乾燥対策をしていると冬の手 […]

五節句

五節句とは 1月7日 人日の節句3月3日 桃の節句5月5日 端午の節句7月7日 七夕の節句9月9日 重陽の節句 を言います。 奇数は陽を表すので 陽×陽=陰になるので邪を祓うという考え方と陽が重なって慶び事とするという考 […]

薬膳講師のひとりごと その32

汗のかき過ぎを抑えるなら酸味  まだまだ暑くて汗をかく機会が多いと思います。 汗には体温調節という役目もあるので止めるのが良いわけではありませんが「汗をかき過ぎて困る」というなら酸味の食材がおススメです。 梅干しを食べる […]