MENU

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

リンク

Site search

薬膳講師のひとりごと その25

身体を冷やすなら夏野菜

暑くなってくると冷飲食やクーラーのある部屋で過ごす機会が増えてきます。

過剰な冷飲食は梅雨時に何度も書いた《脾》を弱める可能性があります。

《脾》の弱りは体内の巡りを悪くするので避けましょう。

トマトやキュウリ、ナスなどの夏野菜
スイカやマンゴー、グレープフルーツなどの果物

は身体を冷やす作用があるので夏は積極的に摂りたい食べ物です。