MENU

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

リンク

Site search

薬膳講師のひとりごと その24

《湿》は《湿》をよぶ


身体の中の《水》の巡りが悪くなり、滞ると《湿》になります。
(水は流れていると清流ですが、溜まると濁ってくるのと同じです)

《湿》は巡りに関わる《脾》を弱らせます。

脾が弱る→水が巡らない→湿になる→脾が弱る

という悪循環となり 《湿》は《湿》をよぶ と言われるのです。