MENU

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

リンク

Site search

薬膳講師のひとりごと その17

同じ部分が良い

肝を元氣にしたければレバーを
(肝が喜ぶ血を多く含む)
胃の調子を良くしたければ胃袋を
(豚の胃袋は美味しいです)
足が悪ければ豚足を
(コラーゲンいっぱい)

というようにケアしたい部分と同じ部位を食べるのもおススメです。

《薬膳講師のひとりごと その16》「同じものが良い」と「同じ部分が良い」

2つの意味を合わせて「同物同治」と言われています。