MENU

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

リンク

Site search

薬膳講師のひとりごと その13

薬膳の1つは旬の物を食べる

薬膳というと

特別な食材を使う必要がありそう
難しそう
漢方くさそう

というイメージがあると聞きます。

薬膳は体調に合わせて食べれば、それだけで薬膳です。

体調に合わせてと言われても、不調の原因を見極めるのが難しい・・・。

そんな時、簡単なのは旬の物を食べる。

季節が変われば身体も変化します。

暑くなれば身体も陽の勢いが強くなりますし
立秋になれば暑い日にかいた汗のせいで、身体の水は減ります。

胡瓜やトマトなど夏野菜には身体を冷やす作用があり
秋に出回る梨には潤いを与えてくれます。

旬の物はその時期に食べると良い食材が多いですよ。