MENU

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

リンク

Site search

五行とは

五行とは古代中国の哲学理論・物事全てを《木・火・土・金・水》の5つから成り立つという考え方です。

薬膳・中医学・東洋占術にも用いられ

西に黄色い物を置くと金運が上がる
財布は赤色でないほうが良い

と言われるのは五行の考え方からきています。

財布を処分する方法の考え方も五行も考え方からですね。

五行は木・火・土・金・水
五色は青・赤・黄・白・黒
五季は春・夏・土用・秋・冬
五臓は肝・心・脾・肺・腎
五志は怒・喜・思・憂(悲)・恐(怖)



など書き出せばキリがないです。
(『五行運命力学』という本に、いろいろな配当が書かれているので参考にしてみてください。)

薬膳は五行に陰陽を加えた《陰陽五行》と《氣・血・水》の考え方をベースに組み立てられています。