MENU

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

リンク

Site search

ガンとテルミー その1

『ガンとテルミー』の講演会を聴いたり、資料をいただく機会があったので何度かに分けて、ガンとテルミーの事を書いていきますね。

ガンとは?

遺伝子の異常が起こす病気であり、『健康』と言われている人たちの中でもガンは発生している。

『健康』な人の身体では異物とみなされ免疫系により排除されます。

ところがまれに免疫をかいくぐり、大きくなっていく細胞があります。

これが、いわゆるガンです。

約1cmの大きさになるのに10~30年ほどかかるといわれています。

ただ、1cmの大きさになれば更に1cmの大きさになるのは1~2年でなってしまうというように、ガンは時間の経過と共に悪化するといわれています。

※注意点

被施術者の体力を消耗させないように、様子を見ながらかける。

抗がん剤治療を受けた日はテルミーを行わない。(抗がん剤は血流循環に合わせて薬を入れるので注意!)

シールタイプは2日間、間を空ける。