ガンとテルミー その2

ガンの治療

昔 ガン細胞自身を壊死→多量の毒素排泄 身体に多くの負担をかける。

今 ガン細胞を自滅するように追い込む→毒素排泄 少なくてすむので身体への負担も軽くなる。

最新 ガン細胞を縮小させる。

ガンの発生原因・部位などは人それぞれによって異なるのである人に効果のある治療でも、他の人には効果がない場合もある。

費用も高額であることが多い。

大切なのは自分自身の免疫力。

ガンは35℃で一番繁殖しやすいので、体温を上げることも大切。

ガン細胞は血液の流れが良いところでは、成長できないので血流を良くすることも大事。

※注意点

被施術者の体力を消耗させないように、様子を見ながらかける。

抗がん剤治療を受けた日はテルミーを行わない。(抗がん剤は血流循環に合わせて薬を入れるので注意!)

シールタイプは2日間、間を空ける。